GARITTO ZAKUTTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 荷物

<<   作成日時 : 2014/04/01 08:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回も日本より物資を大量移送。

去年よりANAの国際線の手荷物規定が改定され、チェックインバッグはエコノミークラスではわずか1個(23kg)しか持ち込めないことに。
私はスーパーフライヤーズ会員なので2個運べるが、それでも少ない。
スーパーフライヤーズ会員でエコノミークラスの場合は、去年は32kg×3個(96kg)だったのが、今や23kg×2個(46kg)である。

去年は妻と二人で帰って、私が段ボール2箱と100L以上の大きなスーツケース1個、妻が段ボール1個とスーツケースをもって帰ってきた(制限重量142kg)ことと比べると、今年は一人で帰ってかつ2個(同46kg)に収めないといけない。

それでも欲しいものを買いまくった。
最後の晩、ホテルで大苦戦のパッケージング。

大きな段ボール1個に、妻の実家で買ったものを詰め込んで約23kg。
スーツケースは、色々詰め込んだ結果、むちゃくちゃ重くなって空港のカウンターに持ち込むと、26.7kgで規定オーバー。
急遽お好み焼き粉とか、容量が小さくて重いものを機内持ち込みカバンに入れる。なんとか23.4kgくらいに。
機内持ち込みカバンも、イギリスからもってきたカバンでは絶対入らないのが分かってたので、急遽日本でボストンバッグを購入。
最後に3kgをスーツケースから移したので、激重になってしまった。カバン壊れるんちゃうかってくらい。あとで家に帰って計ると13.5kg。
それに加えて、成田空港の本屋で本を買ってその袋にパソコンとかを突っ込んでいたので、たぶんこれが4kgくらい。
合計64kgくらいか。

ま、来年帰任なので、出張だろうが帰国休暇だろうが、もう二度とこんなに持ち帰ることはないと思うけど、これが限界か・・・
あわよくば玄米を持って帰ろうかと思ったけど、無理やった。
あわよくば丼ばちを持って帰ろうかと思ったけど、無理やった。

なお、使ったスーツケースはAntlerの104Lのもので、タイヤ等の突起を含めると、83cm×55cm×34cmで三辺の合計が172cmで、去年改定された手荷物のサイズ158cmをオーバーしているが、これは特になんとも言われなかった。ま、重量さえ入っていてよほど長かったりしなければ、このへんは不問だろう。

なお、このAntlerのLiquisというスーツケースは、デザインといい軽量性といい、かなりお気に入りである。
ロンドンのブランドらしいが、なぜかロンドンではまだ一度も売っているのを見たことがない。
http://www.antler.co.uk/suitcases?sessionid=hpb

また、機内持ち込みカバンは10kgまでだが、これも特にチェックされるわけではないので問題なし。
でも念のため、軽々ともっているように演技してたけど。。。

で、家に帰ってすべて開封。。。
今回時間がなかったので、妻の実家や自分の実家に調達を頼んでいた。
その結果・・・

・お好み焼き粉6袋
・カレーのルー8箱
・お好み焼きソース3〜4本(家にまだ余ってるのに)

重複多数発見!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
荷物 GARITTO ZAKUTTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる