GARITTO ZAKUTTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 在英中に避けたいこと

<<   作成日時 : 2014/01/10 07:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

在英中に避けたいこと(避けたかったこと)がいくつかある。

■交通事故

日本やったら交通事故なんてへっちゃらなんやけど・・・

なわけなくて、そら誰でも交通事故はイヤですがな。

しかしイギリスでは軽微なものでも絶対やりたくない。

まず処理の仕方がよく分からない。

ほんでもって、いくら日常生活では「Sorry」を連発したり、人に優しく接するイギリス人といえども、交通事故のときに

「申し訳ございません。今のは私が悪かったです」

とか

「いや〜こちらこそすみませんね。事故はお互い様ですから、気をつけましょう」

とか、言うわけがないっっ。

この圧倒的に劣悪な言語能力で、「事実は何か」を議論するのは絶対避けたい。


■散髪

散髪は、日本でも何を言えばいいのか分からない。

「適当に短くしてください」

としか言ったことがない。

それを外国語でどう言うのか? めんどくさい。

・・・実は散髪には、渡英後比較的すぐに行った。

こちらの散髪は、基本バリカンでばりばりばりで終了である。

前の人を見ていると、だいたい「何番のバリカン(刃?)で刈ってもらって、後ろは何番でお願いします」とかって注文。

なので、「バリカンを使わずに、はさみで3,4cmカットしてください」と言った。

「なので」と言ったけど、イギリス人たちが違う注文してても、そう言ったと思うけど。

まぁ、手際よくやってくれました。

しかし感動的な仕上がりでもありませんでした(^_^)

というわけでそのあとは、バーバー・ワイフ。

イギリス人はけっこうバーバー・ワイフで切ってる人が多いみたいやけど。。。こっちの日本人も。


■病院

病院・・・言葉が分からない。

ラテン語由来の病気名が分からない。
ラテン語由来でなくても、いつも使わない単語なので、どっちみち知らない。

「ちくちく痛む」とか「むかむかする」とか症状が説明できない(調べていけるけど)。

と言いつつ、病院は何回か行った。

ちなみに事前予約してGP(診療所)に行く場合は、通訳も手配することができる(無料)。

病院はちょっと慣れたけど、歯医者はイヤだ。

そもそも歯医者はイヤだ。

で、歯医者は他の診療とは予約の仕組みがまったく違う。まず、その登録もやっていない。

そして予約しても何ヶ月先になると聞いている。

そして治療法もまったく違うらしい。どうもイギリスには銀歯はないらしい。。。

そんな中で、歯医者に行くのはイヤだ。

・・・んでもって、いま歯が水にシミるんです!!!

ピンチっ!

実は1年以上前もけっこうシミて、去年一時帰国した際に、1週間で3回歯医者に行って応急処置してもらいました。

はやく・・・・はやく一時帰国しなければ・・・

去年一時帰国する前に歯医者に行ったのはたぶん10年くらい前。

本当に、赴任の前にやっとけばよかったこと後悔第一位は、「歯医者に行かなかったこと」やな。。

あああ〜、シミる〜

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
在英中に避けたいこと GARITTO ZAKUTTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる