GARITTO ZAKUTTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 選挙権

<<   作成日時 : 2012/11/16 07:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

海外に住んでいても、衆議院と参議院の選挙権はある。
・・・とは知っていた。

が、意外と簡単ではない。
3ヶ月間海外に住んだ上で、手続きに2ヶ月の時間がかかる。
在外選挙の申請は入国後すぐにでもできるみたいだが、手続きは3ヶ月経たないと始まらないので、結局最低5ヶ月はかかる。

さて、私は5月下旬にイギリスに入国した。
さっそく会社の人事から、在留届をとっとと出せといわれたので、会社の人事に提出した。

そして8月の下旬ごろから衆議院の解散風が吹き始めたので、たまたま平日にロンドンに出かける用のあった妻に在外選挙の登録をお願いしてきた。
そしたら、在留届が出されていないという。
電話で、そんなアホなって話をするが、出てないものは出てないので、その場で提出。

在外選挙の登録は、在留届が出てから3ヶ月が基本みたいやけど、市の居住証明を持っていたので、その発行日の7月上旬を起点に数えてくれることになった・・・らしい。
僕だったら、ビザの上に入国日のスタンプが押されてるんやから、それを起点にしろと交渉するところやったけど、妻に頼んでたので、それもできず。

選挙には間に合わないかぁと思ったが、やむなし。

で、その起点日から3ヶ月経った10月上旬に大使館から手紙。
「本当にまだ住んでるなら、添付の紙を送り返せ。期限をすぎたら申請は無効」と。
すぐに送り返した。

10月には解散風は弱くなって、これはまぁ選挙に間に合いそうやな・・・と思っていたのだが、

・・・突然の、11月16日解散、12月16日投票。

ええええっ!!

12月16日投票だと、在外選挙の締め切りは12月10日ごろ。

10月上旬から約2ヶ月の手続き期間を考えると・・

これは間に合うのか!?!?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
選挙権 GARITTO ZAKUTTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる